Skip to content

FAXの基本的な送り方

2010/11/04

ここでは、Microsoft Outlook Expressを使用します。
faximoSilverを使ってメールからFAXを送信するには、faximo管理画面の送信設定にご登録されているメールアドレスから送信してください。
(初期設定ではお申し込み時にご登録いただいたメールアドレスとなっています)

FAXの送信には、普段お使いのメールソフトなどを使用してください。

【1】メールの作成
メールソフトを立ち上げて、新規メールを作成します。

【2】件名の入力
メールの件名を入力します。 メールの件名は、FAXには記載されませんが、faximo管理画面で履歴を見るときに件名が表示されますので、
件名を入れておくとあとで履歴を見るときにわかりやすくなります。

【3】送信内容の作成
送信するFAXの内容を作成します。

<メールの本文をFAXとして送る>
送りたい内容をメールの本文に入力します。
メールソフトが自動的に改行する設定になっている場合は、改行して送られますのでご注意ください。

※メールは必ずテキスト形式(プレーンテキスト)で作成してください。
リッチテキスト形式、HTML形式等には対応しておりません。

<添付ファイルをFAXとして送る>
送信したいファイルをメールに添付します。

対応するファイル形式は、
・Microsoft Excel(.xls)
・Microsoft Word(.doc)
・Adobe PDF(.pdf)
・JPEG(.jpg)
・TIFF(.tif、.tiff)
・プレーンテキスト(.txt)

です。

メールの本文も合わせて送る場合は、メールの本文が必ず一枚目のFAXとして送られます。

【4】宛先の入力
メールの宛先を入力します。
宛先は必ず、宛先「TO」の欄に
(送りたいFAX番号)@cl1.faximo.jp
と入力してください。


※入力する際には、「-」(ハイフン)を入れずに必ず市外局番から入力してください。

<複数宛先に送る場合>
複数宛にメールを送るときと同様に、送りたい番号分だけ上記のメールアドレスを作成して入力します。
Outlook Expressの場合は、「TO」欄に、「,」と「 」(スペース)で区切って必要なだけ宛先を入力します。

例)0335452805@cl1.faximo.jp, 0335458667@cl1.faximo.jp, 0335456901@cl1.faximo.jp


※宛先は必ず「TO」の欄に入力してください。「CC」、「BCC」に入力すると送信できません。

【5】メールの送信
作成したメールを送信します。

【6】送信結果の通知
送信が完了すると、送信完了確認メールがFAXを送信したメールアドレスに届きます。
番号違い、通話中等で送信できなかった場合はエラーメールが送信したメールアドレスに届きます。
※送信設定で通知を選択している場合のみ。(初期状態は通知を選択しています)

完了確認メールは送信元のメールアドレスにのみ届きます。
送信メールアドレス1から送信した場合は、送信メールアドレス1にのみ送信完了確認メールが届き、2及び3には届きません。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。